埼玉県糖尿病協会

埼玉県糖尿病協会は、地域住民への糖尿病に関する知識の普及、指導を中心に活動しています

  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像1

HOME ≫ 各委員会 ≫

各委員会

医療者教育委員会 委員長ご挨拶

プロフィール

医療者教育委員会は、糖尿病の療養指導従事者(登録医、療養指導医、歯科医師登録医や日本糖尿病療養指導士(CDE-J)、埼玉県糖尿病療養指導士(糖尿病相談員;CDE-L埼玉等)の教育及びその地位向上のための活動を行うことを目的としています。その活動内容は医学知識から指導技術に及び多様であります。本委員会の下部組織(部会)として、埼玉県糖尿病教育セミナー、医療スタッフ研修会(下記)、その他の埼玉県内での医療スタッフ向けの勉強会活動があります。これらの部会活動を統合する役目も本委員会にはあります。昨年から発足したCDE-L埼玉認定委員会とも協力しながら、今後協会組織内充実のための改革を検討しておりますが、大切なのは糖尿病患者様方の利益のために療養指導に当たるスタッフの勉強会、情報交換、最新の医療情報の共有を日々更新する活動であります。患者向けあるいは一般市民向け、医療スタッフ向けに情報発信を務めて参ります。様々なご意見を期待しています。

​さいたま市民医療センター 院長 加計正文




医療スタッフ委員会 委員長ご挨拶

 

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)をご存知ですか?

スタッフ委員会は、糖尿病患者さんの治療効果を高めるために、CDEJの資格を持ち活躍している看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師等の医療スタッフの代表が集まり活動しています。

活動目的は、糖尿病治療に関する最前線の正しい知識と、糖尿病療養指導のすぐれたノウハウに基づいたCDEJの活動を援助すること、そして、これからCDEJの資格を取得する仲間たちを教育、支援することにあります。

医療機関に勤務し、糖尿病治療に興味があり、まだCDEJ資格を取得していらっしゃらないみなさん。是非CDEJを取得し、糖尿病で悩む患者さんの支えとなる活動を一緒にしていきましょう。

 

CDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan:日本糖尿病療養指導士)とは糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者さんに指導する医療スタッフです。この資格は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、医師の指示の下で患者さんに療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、試験に合格した看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士(2000年度より2004年度までは准看護師、栄養士も対象)に与えられます。CDEJに認定されることは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。
                            
(日本糖尿病療養指導士認定機構ホームページより)

自治医科大学附属さいたま医療センター 栄養部 茂木さつき

 


埼玉県糖尿病療養指導士認定委員会(CDEL埼玉)

大村先生写真

糖尿病相談員制度の発足にあたって

    (糖尿病相談員の皆様へ)

 

 糖尿病は症状に乏しいため、気づかぬ間に合併症(重い視力障害、人工透析、脳梗塞、心筋梗塞など)を起こしてくる厄介な病気です。そこで、このような合併症の重症化を防ぐために、既に日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の方々が、医師と共に患者さんのサポートに当たっています。今回これに加えて、埼玉県内の隅々まで診療支援を行き渡らせる目的で糖尿病相談員制度が発足しました。今後、皆さんから良質の情報を分かり易く患者さんへ届けて頂くよう大いに期待しております。また、一方では糖尿病関連の情報は膨大な量であり把握するのも大変な状況にあります。そこで、実際の説明に当たっては、内容をコンパクトにまとめた講習会資料やその中にあるQ&A46問)、糖尿病療養指導の手びき(改訂第5版;日本糖尿病学会編著、南江堂)などを参考にして下さい。正確な情報提供は医師をはじめ、我々医療にかかわる者全てが心すべき事であり、個人的な見解や不確かな情報は示さないようご注意下さい。

 患者さんからの相談内容で回答が困難なものがあれば、身近の医師や日本糖尿病療養指導士に連絡をとり相談して下さい。都合がつかない場合は以下にご連絡下さい。多い質問に対しては委員の皆さんと相談してQ&Aを作成し今後資料として利用したいと思います。

     アドレス; eioh@conesclinic.com

 

 この制度は糖尿病の合併症を防ぐことに加えて健康寿命を延ばすのにも大きな貢献が期待できると思っております。皆さん方の活動により、糖尿病の方はもとより、そうでない方々にも運動をする人が増えて、バランスのとれた食生活が普及すれば健全で素晴らしい長寿社会が実現出来ると期待しております。

 健康長寿日本一を目標にしたいものです。

 

※ 更新は5年毎に行なわれます。詳細はホームページをご覧下さい。

 

 埼玉県糖尿病相談員(埼玉県糖尿病療養指導士)認定委員会

               委員長   大村栄治




埼玉県糖尿病相談員(埼玉県糖尿病療養指導士)
会則≫

つぼみの会

つぼみ
埼玉つぼみの会としては、このホームページに各会のイベント情報を掲載する事により、これまで個々に開催していた講習会やBBQ大会などに他の会からの参加が可能になれば、交流が深まり悩みや心配事など、会を越えての相談できる仲間が増える事を期待します。

当会は18歳以下の未成年患児の会ですが、その為、埼玉全体に会員がいらっしゃいますが、イベントの開催場所が遠く、参加できない会員の方も多く、せっかく入会したのに、そのメリットが生かせないという方もいらっしゃいます。
ご自分の地元のクリニックなどで開催される講習会の情報はこれまで入手が難しかったのですが、埼玉糖尿病協会のホームページで、イベントの情報が入手できれば、これまで参加できなかった方達にも、参加が可能になり、知識の吸収、いざという時も慌てずに対応できるかと思います。
埼玉糖尿病協会のホームページの活発な活動を祈念いたしまして御挨拶とさせていただきます。

埼玉つぼみの会 会長 宮下敏之

ヤングの会 East Club 紹介

キャンプ
East Club は、埼玉県糖尿病協会の組織下にある「ヤングの会」です。
1996年7月20日に発足しました。 現在、会員の年齢層は、ヤングと言うよりで30代~40代になっています。 小児期発症から成人期発症の方々様々で、職種も学生、サラリーマン、OL、職人などいろいろな参加者がいます。

年間行事として、総会・講演会(6月)、情報交換を兼ねた1泊キャンプ(9月)、親睦バーベキュー会(10月)、勉強会(3月)と年4回の行事を開催しています。
会員資格は基本的には15歳以上の1型糖尿病患者さんですが、1型、2型、その他の型、糖尿病患者であれば、正会員として入会できます。
かかりつけの医療機関、所在地は問いません、埼玉県外でも大丈夫です。
EastClub指導医は、埼玉メディカルセンター内科の森本二郎先生です。
学校のホームルームのような雰囲気の和気あいあいと、楽しい会です。興味のある方は、どうぞ参加してみてください。

EastClub会長 坂本辰蔵
お問合せ:埼玉ヤングの会 East Club
連絡先:広報担当 E-mail:east_club@hotmail.com

ミドルの会 水彩の会 紹介

旅行8_ホワイト
ミドルの会 水彩(みずざい)は平成27年4月1日に発足した患者会です。
35歳以上の1型糖尿病の方、ご家族に1型糖尿病の患者さんがいる方、また糖尿病に興味や関心のある方を対象にしています。
活動内容は総会、定期的なお食事会(栄養指導)、講演会、勉強会、無料相談会、市民公開講演会などのイベント参加です。
指導医は獨協医科大学越ケ谷病院 教授 犬飼敏彦 先生です。現在、罹病歴25年以上の経験豊富なベテラン患者さんが多数在籍しています。

1型糖尿病になってコントロールはどうしたらいいの? 家族が1型糖尿病になった時、何をするべきなの?また、周りに1型糖尿病の人がいなくてどうしたらいいのか困っている方。そんな時は1人で悩まないでください。
不安な気持ち、心配な事、疑問、その他、いつでもご相談に乗ります。私達と一緒に乗り越えて行きましょう。

水彩の会について詳しく知りたい方、また入会ご希望の方は
埼玉県糖尿病協会 事務局(毎週金曜 10:00-13:00)まで、ご連絡ください。
お問合せ

埼玉県糖尿病協会

〒330-8503
埼玉県さいたま市大宮区天沼町
1-847 自治医科大学附属
さいたま医療センター内

TEL:048-681-0526
FAX:048-681-0527

事務局概要はこちら

モバイルサイト

埼玉県糖尿病協会スマホサイトQRコード

埼玉県糖尿病協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!